20年来の浮腫が消失

 

もともと腰痛で治療していた60代女性の患者さん。

 

しばらく治療を続けたある日、

 

「先生、実は足が腫れてるんですが何とかなりませんか?」

 

という相談。

 

 

 

診ると明らかな浮腫が右下腿全体にある。

 

いつもズボンで来られるので、うかつにも気が付かなかった。

 

患者さんも腰があまりに重症だったので、足のことまでは言わなかったという。

 

 

「実はココも痛いんです」

 

と言いながら、鼠径部(太股の付け根)を押さえている。

 

「リンパ節か?」と思いつつ、腰のついでに治療開始。

 

といっても、鼠径部を軽く押し、下腿にお灸をしたのみ。

 

 

ひと月の間にみるみる浮腫が消失。

 

不謹慎ながら、あまりのスピードに面白いほどだった。

 

 

 

「20年間、スカートが履けなかったんです」

 

片足だけ大きいので、恥ずかしくてズボンばかりだったという。

 

 

治療の最終日に「絶対治らないとあきらめていました」と両手を合わせて感謝された。

 

本当に治って良かったと、私も神か仏か分からない「何か」に両手を合わせて感謝したい気持ちになった。