【40年間苦しんだ首の不調】

 

 

大学時代のラグビーで首を負傷してから40年間不調で苦しんでいるという60代男性。

 

 

 

見た目も若く、声も大きい。

ハツラツとしていて一見とても元気に見えるが不定愁訴は諸々。

 

 

様々な治療を試してみたが一時的に良くなるものの長続きはしない。

人づてに「首が悪いなら行ってみては」と言われ来院。

 

 

ラグビー、アメフト、サッカーなど他の選手と強くぶつかり合うスポーツの経験者は首の歪みが通常のそれとは様子が異なる。

 

教科書通りのバランスの崩れではなく、日常生活動作による歪みに比べて歪みの度合いも激しい。

 

こちらの患者さんの場合は、合計4箇所のズレを治すことになった。

 

 

 

術後「首がゴリゴリ鳴らなくなった。すごい爽快感です」とのこと。

 

 

 

もう首の不調は一生このままと諦めていたが来て良かったと、治療家冥利に尽きる一言をいただいた。