背部痛を主訴とした頸椎ヘルニア(C5,6)

 

主訴は、左背部(左肩甲骨々間)の眠れないほどの痛み。

 

左背部が盛り上がるほどの硬結を服の上からでも確認できるほどでした。

 

事務職ということで、極度のコリだろうという判断でしたが、よくよく問診すると背部は「ピリピリ」と痛むという。

 

さらに問診すると左母指側にたまに痺れありと、本人は忘れていた様子です。

 

疑問に思い、協力整形外科にてX-P、MRI。結果、ヘルニアが見つかりました。

 

 

「普通と違う、変だ」と思うかどうかが、患者さんを救えるか否かに関わります。

 

その勘どころを養うのが臨床です。

 

もちろん、「変だ」と感じるためには基礎知識は必要です。

 

 

最終的には、日々の勉強ということでしょうか。