「五十肩」だと思いきや頸椎ヘルニア(C5,6)とすべり症(C4前方すべり)を併発していた例

 

主訴は、右肩関節の動作痛(特に前方挙上時)、夜間痛。

 

当初は、年齢も50代後半なので五十肩だろうと簡単に考えていましたが、同側の母指に軽いしびれ、同側頸部の硬結があったので、協力整形外科にてX-P、MRI。

上記が見つかりました。

 

最初に疑問を感じたのは、右肩関節に動作痛があるものの可動域制限が全くないこと。

 

母指側のしびれは、よくよく問診するまで訴えがなかったので、ピンときませんでした。

 

 

しつこい問診は、不可欠だと思った例です。