【足首の捻挫で歩行困難】

 

 

70代女性

 

4ヶ月前に自宅階段で滑り、右足首を捻挫。

 

整形外科にてレントゲン写真を撮り、骨に異常はないと言われ、湿布のみいただいて帰る。

1週間しても荷重がかけられないので近くの整骨院に行き、テーピング固定をしてもらい多少歩きやすくなる。

 

負傷から1ヶ月しても足の痛みがあり、歩きにくいので再度整形外科を受診するも湿布を渡されるのみ。

 

負傷から4ヶ月が過ぎようとしているのに、病院、整骨院、鍼灸院など数軒通うも、まともに歩けず、これが一生続くのかと不安で夜も眠れなくなる。

 

知人の紹介で当院へ。

 

初回

頚椎の歪みによって右荷重となっていたので矯正。

右足関節には、5センチほどのテープを1枚貼り終了。

 

 

2回目

明らかに歩き方が良いので症状を尋ねると

 

「先生、私もう走れました!」

 

「え?」

 

「ここに来る前、横断歩道の信号が変わりそうだったから走りました」

 

「痛くないんですか?」

 

「全く痛くありません」

 

「では今日はどこを治療しましょうか?」

 

「どこでも良いです!先生のいいようにしてください」笑

 

 

 

あまり足ばかりに注目せず、身体全体から判断した治療がうまくいったようだ。