腰椎ヘルニア手術予約からの復帰

 

70代女性。

 

腰をかがめないと歩けないほどの痛み。

臀部から大腿部までの痺れ。

 

某整形外科にて、ヘルニアによる坐骨神経痛と診断。

手術を要するとのことで、予約を済ませた。

 

しかし手術が怖くなり、知人に相談して、当院へ。

 

来院の際には、まさに「腰の曲がったおばあちゃん」状態。

足を引きずり歩く。顔も苦痛で歪めている。

 

うつむせに休むことができないので、ベッドには横向きに寝てもらう。

 

下位腰椎から臀部を中心に治療開始。

 

 

初回から3日間が過ぎ、うつむせが出来るようになった。

 

4日目より腰部へ温罨法を追加。

 

すでに直立にて歩行可能となり、笑顔もこぼれるようになった。

 

5日目、整形外科へ手術予約キャンセルの電話をしたという。

 

 

整形外科の最終受診から10日経ったので診察に行くと、担当医は「信じられない!」を連発したという。

 

 

初診から1ヶ月経過。何の不安もなく、遠方まで行けるようになったとの事なので、経過良好につき治癒とした。