慢性腰痛

 

70代女性。和裁の先生をされている。

 

両膝の痛みで正座が出来ず困り来院。

 

数回の治療で膝は治癒した。

 

喜びの声とともに患者さんが言いにくそうにこう切り出した。

 

患:先生、実は…。

 

私:どうされました?

 

患:ずっと腰が痛いんです。

 

私:えっ?膝でなく腰ですか?どうして今まで黙ってたんですか?

 

患:膝が治ったら腰を診ていただこうと思いまして…。

 

私:早く言っていただければ、一緒に治療できたんですよ。

 

こういう遠慮がちな患者さんは、意外に多い。何とも奥ゆかしい…。

 

ということで改めて腰を診せていただくことになった。

 

治療3回目で腰の調子も上々の様子。

 

患:先生、本当に良くなりました。30年ぶりに両手で顔が洗えるようにな

  りました。

 

私:今までどうされてたんですか?

 

患:あまりに腰が痛くて洗面台に顔を近づけられないので、タオルで拭くか、片手で体を支えて、もう一方で洗っていました。

 

私:それを30年間ですか?!

 

 

私は驚愕した。

 

10日間ほどで治る症状のために30年間も片手で顔を洗っていたのかと思うと…。

 

どこかの整骨院なり病院なりで、もっとずっとずっと早い段階で治せたのではと思うと何ともせつないというか、悲しいというか、軽い憤りというか…。

 

予後良好で治療は終了。

 

 

 

患者さんは私に両手を合わせて拝むようにお帰りになったが、私はその患者さんの辛抱強さに両手を合わせたい気持ちだった。