【五十肩】

 

「左の肩が痛くて、もう3ヶ月も整形外科や整骨院に通っているのに治りません。右ばかりを使うので右肩まで痛くなって困っています」という40代後半の男性が来院。

 

 

診ると、左肩はすでに可動域制限があり、服の脱ぎ着にも一苦労の様子。

 

右肩は外転90度近くで痛みが出て、もうこれ以上は痛いので挙げたくないとの事。

 

 

 

なかなか治らないのは、原因が他にあるからでは?と思い、首を触診。

 

筋緊張が著しく、私としては肩よりも首が心配と伝えた。

 

 

 

早速治療を開始しようとしたところ、患者さんから「1ヶ月くらい通ったら治りますか?」と言われた。

 

私が「今日治って帰ってもらおうと思っていますけど」と答えると「えーー!」と声をあげて驚かれた。

 

私は笑いながら「今日治るとは言っていませんよ。治すつもりで精一杯やります」と付け加えた。

 

 

 

鍼灸療法、頚椎矯正をした後、肩の可動域訓練を加えて、施術終了。

 

残念ながら初日では治らず、1週間後に2回目の施術を行い手応えを得たが、念のため次までの予約を入れてもらった。

 

3回目の来院。

 

左肩の可動域制限、疼痛は消失し、右肩の痛みも感じないとの事だったので、肩の治療は行わず、気になっていた首回りを中心に健康増進のための治療を行なった。

 

 

「3ヶ月も通って治らなかったのに2回で治るなんて信じられません。明日はゴルフに行くので皆んなに言って回ります」と満面の笑顔でお帰りになった。