【ギックリ腰 対処法】

 

「魔女の一撃」と言われるギックリ腰。

 

皆さんも一度は経験しているかもしれませんね。

 

■ギックリ腰になったら安静にするの?

 

■無理にでも動かした方が良いの?

 

■温めるの? 冷やすの?

 

■すぐに病院に行くべきなの?

 

よく質問を受けるので、治療家の私自身がギックリ腰になったら、どうするかをお伝えしたいと思います。

 

 

 

ギックリ腰といっても、実は色々な種類があるのですが、今回は何の前触れもなく一瞬で「魔女の一撃」を食らったケースでお話します。

 

 

例えば自宅の玄関で靴を履き、立ち上がろうとした時に「ギク!痛たたたたっ!」となった場合。

 

私なら、まずその場で倒れこみます。

 

無理に立ったり、座ったりせず、とにかく倒れる。

 

そして全身の力を可能な限り緩めます。脱力に徹します。

 

痛くなければどんな格好でも構いませんので、とにかく倒れこみます。

 

最低10分間は、じっとしています。

 

 

 

 

次に出来るだけ痛みを避けるように移動します。

 

その場に居続けることはできませんので移動を試みます。

 

「まだ無理かも」と思ったら、もうしばらくは動かずにいます。

 

立てるようなら立ちますが、四つん這いでも、ほふく前進でも、とにかく可能な限り痛みを避けるよう移動します。

 

近くに人がいれば肩を借りても良いかもしれません。

 

 

 

移動したら、「横向き」に寝ます。

 

仰向け、うつむせではなく、横向きに寝ます。右でも左でも構いません。

 

ポイントは膝を曲げて、両膝の間にクッションや座布団などを挟むこと。

 

通常、どんな格好よりも楽なはずです。

 

そのまま最低30分間、できれば1時間以上は、じっと動きません。

 

おそらく、この段階でようやく「冷静さ」を取り戻すと思います。

 

私なら、キャンセル出来そうな予定は全てキャンセルして、着替えもせずにそのまま数時間は横になっていると思います。

 

可能な限り腰に負荷をかけないことに徹します。

 

 

 

トイレに行くなど止むを得ず動く場合は、動いたついでに風呂にお湯を張ります。

 

湯船の中でやることですが、ふくらはぎを揉んでください。

 

腰を痛めた場合、ふくらはぎの筋肉が硬くなっていますし、実は腰痛に効くツボがたくさん点在しています。

 

 

 

素人の方はツボが分からないと思いますので、とにかく揉んでみてください。当たらずも遠からずで必ず効きます。

 

 

食事は、あるもので済ませるか、デリバリーにして、鎮痛剤(市販品で良い)を飲んで、また寝ます。

 

翌日、評判の良い整形外科、整骨院、鍼灸院などに行くと良いと思います。

 

移動の際には、いつも使っているベルトをきつめに締めると、意外に動くことが出来ますので試してみてください。

 

 

★ポイント!★

 

■まずは倒れこむ

 

■痛みを避けながら移動する

 

■両膝にクッションを挟み横向きで寝る

 

■湯船に浸かり足(ふくらはぎ)を揉む

 

■当日は安静保持。翌日、治療に向かう