めまい

 

60代男性。

 

主訴、めまい。

 

立位、座位に関わらず、前屈するとめまいが起こり倒れそうになる。頭を下げる姿勢が出来ず日常生活で困っているとのこと。

 

触診したところ、首周辺の筋肉群に複数の圧痛、硬結を認める。

 

がっちりとした体格からは想像出来ないほど身体は繊細な印象。

 

首の筋肉を緩め、百会と三陰交に刺鍼、帝陸穴(足母指にある村上流の奇穴)に灸を施し指の末梢1/2の発赤(写真の通り)を確認。その後、頚椎を矯正。

 

術後、立位にて前屈を試みてもらった。

 

「ん?あれ?フラフラしない!」と言い不思議がる患者さんに術後説明をして治療終了。

 

「何週間も不安でした。本当に助かりました」と深々とお辞儀(前屈)をして、お帰りになった。

 

 

もう大丈夫そうだ。